会社設立手続きは自分でできる? - 大阪会社設立ナビ

HOME » 大阪会社設立ナビ » 会社設立手続きは自分でできる?

会社設立手続きは自分でできる?

会社設立を検討している人の中には、自分で手続きをしたいと考えている人もいるのではないでしょうか?
しかし会社設立手続きは個人事業主のように税務署へ開業届を出せばいいというわけではなく、決められた手順に沿って進めなければなりませんし、専門的な知識も必要です。

一般的に会社設立手続きを自分でやりたい理由として、「法学部出身で法律の知識がある・あるいは興味がある」「自分の会社だから自分で手続きをしたい」「コストをできるだけ抑えたい」の3つがあげられます。
まずひとつめの「法学部出身で法律の知識がある・あるいは興味がある」という点はもともと知識があるので問題はありませんが、あとの2つはまず知識を得るところからはじめなければならないので時間がかかります。
そうすると会社スタートの時期も遅れますので、その間の生活費等負担も出てくるはずです。

会社設立手続きの流れは自分でやる場合も業者に任せる場合も特に変わらず、会社名・会社の所在地・事業内容・資本金の設定をはじめに行い、その後機関設計を決めて定款を作成し、資本金の払い込み、登記書類の作成・申請という流れになります。
この中で特に専門的な知識が必要になるのが定款で、現在定款は紙によるものではなく電子定款が主流になっていますが、これは収入印紙代の40,000円がかからないからです。
もし自分で手続きをするとなると電子定款を作成できるだけのスキルがなければ40,000円を支払って紙の定款を作成しなければなりませんから、その分手続きにかかるコストは高くなります。

ですから自分で手続きをやるからと言って必ずしも費用が安くなるとは限らないのです。
また、登記申請の際に揃える書類も数が多いですし、時間もかかるので登記申請書の作成や法務局への申請代行を司法書士に依頼する人も多く、そのほうが効率的に会社スタートができる場合もあります。
自分で手続きをする場合はそれが本当にメリットなのか考えてみてください。