代行サービスを活用する - 大阪会社設立ナビ

HOME » 大阪会社設立ナビ » 代行サービスを活用する

代行サービスを活用する

大阪には会社設立の手続きをサポートしてくれる業者がいくつもあって、そこから提供されるサービスを有効に活用することでスムーズな手続きができます。
そこで今回は会社設立手続きをサポートしてくれる業者についてお話していきたいと思います。

まず最初にこういったサービスを提供している業者は大きく分けて2種類あって、ひとつは各専門家に相談できる会計事務所や法律事務所、もうひとつはトータル的なサポートを受けられる会社設立代行業者です。
ひとつめの専門家は主に税理士・司法書士・行政書士・弁護士で、それぞれ役割が異なりますから、そこを必ず確認してから相談してください。

税理士の場合は税金に関することがメインになり、法人化によってかかる税金について相談するなら一番良いでしょう。
また最近では中小企業診断士や社会保険労務士の資格を持つ税理士も増えており、こういった人たちは会社設立手続きのサポートもしてくれます。
司法書士は書類作成から申請代行まで幅広くサポートしてくれる存在で、たとえば定款の作成や登記書類の作成、申請代行ができます。
特に登記書類の作成と申請代行は司法書士の資格を持つ人以外はできませんので、その点は大きな強みです。
行政書士は簡単な書類作成を任せたいときにおすすめで、主に定款の作成のみを依頼したいときに安く引き受けてもらえるので便利です。
弁護士は法人化による法的は疑問を解決するときにいいでしょう。

そして会社設立代行業者は上記のようなことをすべてやってくれるところで、各専門家が所属しているところもあれば、所属していなくても会計事務所や法律事務所と提携しています。
したがって会社設立手続きを最初から最後までサポートしてほしいときにはとても心強い存在になりますし、ピンポイントで利用することも可能です。
さらに専門家へ直接依頼すると顧問契約が前提になることが多いですが、代行業者の場合はそういったことはありません。