会社設立と創業の違い - 大阪会社設立ナビ

HOME » 大阪会社設立ナビ » 会社設立と創業の違い

会社設立と創業の違い

 

・会社設立とは何か
会社設立というのは、会社として登記をすることを言います。
日本ではどのような会社があり、どのような事業を行っていて、どのように経済に貢献しているのかを把握するようなシステムとなっています。
そのため、会社としてやっていくためには設立の際に登記しなくてはなりません。
定款を作成して認証してもらい、さらには事業内容なども許可を受ける必要があります。
そうしてようやく登記が可能となるのです。
つまり、会社設立とは登記をするということに重点が置かれた意味を持っています。
単純に事業を起こしたりするだけでは、また違った意味となってくるので、その点に関しては注意が必要となるでしょう。
これから会社設立を考えている方は、会社設立とはそもそもどういうものなのかについて、一度考えておくことが必要となってくるはずです。

 

・創業とは何か
創業とは、簡単に言えば事業を始めることを言います。
実際に会社として設立する前から事業を始めていれば、その事業を始めた時期こそが創業した時期となるのです。
この点は正直わかりにくいところもあり、多くの会社でも創業時期と設立時期を分けて考えていることがあります。
これらに関しては特に大きな違いとは言えませんが、そもそも事業を開始した時となっているので、その点に関しては注意が必要となってきます。
ちなみに、創業して自分で事業をやっていてから、会社にするという場合は設立の時期ともまた違ってくるでしょう。
そこも考えておかないと、創業した時期との違いがわかりにくくなってしまうので注意しておきたいところです。
なお、これらに関してはそれぞれ違いがあるものの、言葉に関しては解釈が違っていて、人によって色々な意味で使われていることがあります。
そこも理解しておくことが必要となってくるでしょう。

 

・言葉の違いに惑わされない
会社設立をする場合は、色々な専門用語が飛び交っています。
それこそ「そんな難しい言葉を使う必要があるのか」と思ってしまうこともあります。
だからこそ、しっかりと考えて知識を深めておくことが必要なのです。
言葉は色々と複雑で、ちょっとしたニュアンスでも意味が変わってきます。
会社設立などを考えている方は、その点も考慮しておくことが必要となるでしょう。
なお、わからないことがある場合は専門家に聞いてみてください。
疑問を疑問のままにしておくよりは、専門家に一度教えてもらった方が良いです。