会社設立の手順とは - 大阪会社設立ナビ

HOME » 大阪会社設立ナビ » 会社設立の手順とは

会社設立の手順とは

会社設立にあたって、どんな手順で手続きを進めて行くかはとても重要なことです。
会社設立の手続きは個人事業主のように税務署へ開業届を提出すればいいというわけではなく、いろいろな手続きをしなければなりませんから、初めての人には少し複雑に感じるかもしれません。
ただ、注意してほしいのはどの手続きから進めてもいいというわけではなく、きちんと手順がありますので、その順番に沿って進めることが大切です。

まずはじめに会社名・会社の所在地・事業内容・資本金の設定といった準備が終わったら、商号調査を行い、手続きを進めても問題がないか確認します。
次に定款の作成をするために機関設計を決めますが、これは会社の代表取締役や取締役、監査役などの会社の組織図を明確にすることです。
そして機関設計が決まったら定款の作成に移りますが、定款は会社のルールブックのようなもので、作成は紙でやる場合と電子定款でやる場合があります。

紙による定款は収入印紙代が40,000円かかるのに対して、電子定款はお金がかかりませんのでお得です。
しかし電子定款で作成する場合は専用のソフトを使用する必要がありますし、専門的な知識がなければできませんので、導入コスト等かかるため専門家に依頼したほうがいいかもしれません。
定款の作成は行政書士や司法書士に依頼すればやってくれるので、問い合わせてみましょう。
定款の作成が終わったら公証役場で認証を行い、問題がなければ資本金の払い込みをします。(ただし合同会社・合名会社・合資会社は定款の認証は不要です。)

これが終わったら登記書類の作成をし、申請をしますが、登記書類の作成と申請代行を専門家に依頼する場合、司法書士以外はできませんので、あらかじめ依頼を検討しているなら覚えておきましょう。
登記申請は法務局で行い、無事申請が通れば晴れて会社設立手続き完了となります。
あとは税務署へ開業届を出したり、各種申請を自治体にするなど必要な手続きをしてください。